レンタルサーバー トップページ設定マニュアル > ユーザの権限/階層について
ユーザの権限/階層について

このページは古い情報となっております。

 

ここではサーバ管理パネルServerAdmin2の権限についてご説明します。

お申し込みが完了して翌日には設定メールが3通届いていると思います。

【重要】スーパーユーザ設定完了通知
【重要】ドメインユーザ設定完了通知
【重要】ホストユーザ設定完了通知
なぜ3通も?これはユーザの権限が3階層に分かれているからです。まず、以下の3つの名前を覚えて下さい。
その1:スーパーユーザ
その2:ドメインユーザ
その3:ホストユーザ
また、階層というと難しいので 会社の役職で表すと、下記のようになります。
その1のスーパーユーザは → 社長
その2のドメインユーザは → 部長
その3のホストユーザは → 一般社員
となり、順に権限が少なくなります。では、以下に具体的な権限を紹介します。
全ての権限を持っており、ドメインユーザ、ホストユーザを作成、削除することができます。 このアカウントでドメインユーザ、ホストユーザの管理画面へ自由に出入りできる一番強力な権限を持ったユーザです。
代表的な機能
・ドメインユーザの作成、削除
・ドメインユーザの容量変更
・ドメインユーザに有効期限を設定
・ドメインユーザの操作全般↓
ドメインユーザはドメイン( 例:○○○.com )に対して全ての権限を持っており、 ○○○.comを利用して ホストユーザ( 例:www.○○○.com )を作成し、自分に割り当てられた容量をホストユーザへ割り振ることができたり、ホストユーザの有効期限を設定できます。 スーパーユーザの管理画面へは移動できませんが、ホストユーザの管理画面へは自由に入室できます。
代表的な機能
・ホストユーザの作成、削除
・ホストユーザの容量変更
・ホストユーザに有効期限を設定
・ホストユーザの操作全般↓
ホストユーザを作成した時点で、ホームページやメールが利用できるようになります。 ホストユーザとは、( 例:www.○○○.com )の操作しかできませんので、ホームページ制作業者へアカウントとパスワードを渡さなければならない場合などはこのホストユーザの権限をお渡し下さい。
代表的な機能
・メールアドレスを作成する
・アプリケーション自動インストール
・パスワードの変更
ホストユーザは見てもらえれば分かるとおり、一番働き者で通常皆さまはこのアカウントを利用します。
※一般的なレンタルサーバーの場合は、このホストユーザ権限でしょう。
※なお、テストアカウントで発行するのもこのホストユーザです。
スーパーユーザ、ドメインユーザの管理画面へは行けませんが、このアカウントがあれば、ホームページを作成したり、メールアドレスを管理 できるので、十分でしょう。では実際にドメインを設定してホームページが見られるまでの流れをみてユーザ権限を理解してみましょう。 まず、「ドメインを取得してから利用開始までの流れ」を見て下さい。
▲このページのトップへ
Copyright (C) 2017 レンタルサーバー. All Rights Reserved.