レンタルサーバー トップページ設定マニュアル > Outlook 2016 メール 設定確認方法

Outlook 2016 メール 設定確認方法

注意点
ここではOffice Outlook 2016 の設定確認方法をご紹介します。
まだOutlook Expressでのアカウントを作成していない場合はここを参考に作成しておいて下さい。
Outlookを起動して下さい
outlook2016

Outlook 2016
メニューの[ファイル]→[情報]→[アカウント設定]→[アカウント設定(A)]をクリックします。
Outlook 2016
[電子メール アカウント]画面で設定変更したいアカウントを選択し、[変更(A)]をクリックします。
Outlook 2016
以下を参考に情報を入力し、[詳細設定(M)]をクリックします。

【ユーザー情報】
* 名前(Y):お客様のお名前
* 電子メールアドレス(E):お客様のメールアドレス

【サーバー情報】
* アカウントの種類(A):POP3 ※任意
* 受信メールサーバー(I):www.dstest.com
* 送信メールサーバー(SMTP)(O):www.dstest.com

【メール サーバーへのログオン情報】
* アカウント名(U):メールアドレス
* パスワード(P):メールのパスワード
* パスワードを保存する(R):チェックします ※任意
* メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてください(Q):チェックしません

【アカウント設定のテスト】
* [アカウント設定のテスト]:クリックしません
* [次へ]ボタンをクリックしたらアカウント設定をテストする(S):チェックします

入力が完了したら、[詳細設定(M)]をクリックします。

Outlook 2016
ココからはタブの設定例です。
Outlook 2016
送信サーバー
・送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O):チェックします
・「次のアカウントとパスワードでログオンする」:チェックします
・アカウント名:お客様のメールアドレス
・パスワード:メールのパスワード
・パスワードを保存する:チェックします ※任意
・セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応(Q):チェックしません
Outlook 2016
接続は上を参考に!
Outlook 2016
「詳細設定」のタブを選択し、下のようになっていることを確認します。
【詳細設定】
* 「受信メールサーバー(POP) (I)」:110
* 「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要」:チェックしない
* 「送信サーバー(SMTP) (O)」:587
* 使用する暗号化接続の種類:なし
* サーバーのタイムアウト:任意で設定(ウイルス対策ソフトがインストールされている場合には長くしておくことを推奨いたします)
* 配信:任意で設定
※チェックを入れた場合、メールをサーバーから削除しませんので、メールボックスが満杯となり、メールが受信できなくなる場合があります。多くのメールを受信、または、大容量の添付ファイルを受信される方は、メールボックス容量追加サービス「メールプラス」のご利用をお勧めします。
Outlook 2016
内容を確認後「次へ」
Outlook 2016
テストアカウント設定が正常に完了しましたら[閉じる(C)]をクリックします。
Outlook 2016
[完了]をクリックして設定終了となります。
▲このページのトップへ
Copyright (C) 2017 レンタルサーバー. All Rights Reserved.